EVERYTHING/Mr.Children

EVERYTHING

1991年の後半に、小林武史との初対面を果たし、12月から「サウンドスカイ・スタジオ」と「スターシップ・スタジオ」にて、レコーディングを開始した。全曲ともアマチュア時代からのライブ・レパートリーであり、本作に収録するにあたり、小林が、ストリングスなどのアレンジを加えたり、アドバイスによって歌詞も一部改変するなどした。 「EVERYTHING」とは、何より大切なものという意味で、「本作を聴いた人の大切な1枚になって欲しい」という桜井の想いが込められている。 1. ロード・アイ・ミス・ユー 2. Mr.Shining Moon 3. 君がいた夏 後に1stシングルとしてシングルカットされた。 4. 風 〜The wind knows how I feel〜 5. ためいきの日曜日 桜井が風呂に入っている時にサビの構成が浮かび、そこから一気に書き上げた曲。 6. 友達のままで アマチュア時代のタイトルは「友達のまま」。 7. CHILDREN'S WORLD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ミスチルが好き!