Atomic Heart

前作『Versus』から1年ぶりのアルバム。 Mr.ChildrenのアルバムでToy's Factoryの旧ロゴマークが入っている最後のアルバムである。シングルも含めると翌年の桑田佳祐&Mr.Children名義でのコラボレーションシングル「奇跡の地球」、日本未発売のものを含めればアジア地域限定のベストアルバム『LAND IN ASIA』となる。 本作から方向性が恋愛路線から精神論へと変化してきたことをプロデューサーの小林武史も語っている。 本作で初めてインストゥルメンタルが収録された。以降全作品で公式にインストゥルメンタルには斜体文字で表されている。 発売当時の日本国内の邦楽アルバムの歴代最高売上を記録した。オリコンチャートでは初動でミリオンとならず、累積売上が300万枚を突破したのは本作と竹内まりやの『Impressions』の2作のみである。 Mr.Childrenでは、最もシングルカットされた曲(カップリングやリミックスを含む)が多いアルバムで、最もベストアルバムに収録された曲が多いアルバムでもある。 ジャケットは以前までのアルバムとは路線を変え、ブルーバックに白文字で「Mr.Children・Atomic Heart」と表記されているだけである。初回限定盤はプラスチックケースにCDケースが収納されている仕様となっており、両ケース共に色はクリアブルーである。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ミスチルが好き!